top of page

POST コーチ日記

ケイス ボアナス(イギリス)

更新日:2021年11月30日


【名前】ケイス ボアナス(Keith Boanas CertH.E.)

ケイス・ボアナス氏の写真
イギリストップの育成指導者 ケイス・ボアナス氏

【現所属】クリスタル・パレス デヴェロップメントマネージャー

Crystal Palace Football Club Coach Development Manager


【出身地】ケント州・イギリス(Kent - UK)


【指導ライセンス】:

UEFA最高位PROライセンス保持者

その他多数


2012: UEFA Pro licence(UEFA)

1997: A licence (UEFA)


2017: Youth Module 3(FA)

2014: Basic Treatment & Management of Injuries(FA)

2009: Youth Modules 1 & 2(FA)

2002: Coach Educator’s Diploma(FA)

2001: CPW / Safeguarding Children Tutor(FA)

2000: Coach Educator’s licence(FA)

1994: Advanced Coaching licence(FA)

1987: Preliminary Coaching Award(FA)


2015: The LMA Evaluating Performance(The LMA)

2012: Creating a Culture of Excellence(The LMA)


2012: Coaching licence(International Coaches Association)

2001: Sports Massage Certificate(SCFA)

2005: Preliminary Certificate(SAQ)

2010: Certificate in Higher Education in Football(Chichester University)


2003: D32 / 33 Assessor Award(City & Guilds)

2002: ITT 7307 Teacher Training(City & Guilds)

一国の育成全体の底上げを行うため、エストニアへ
様々なカテゴリーを知り尽くす ケイス氏

【指導経歴】

1996-2015:FAコーチ(Surry地域) 1999-2007:女子サッカーアカデミーディレクター(南東部) 2000-2007:チームヘッドコーチ (チャールトンアスレチックLFC1st)  2008-2009:1stチームヘッドコーチ (ルウォールライオネスFC) 2006-2009:コーチングアシスタントディレクター (デビッドベッカムアカデミー) 2008-2011:チームヘッドコーチ (イングリッシュカレッジナショナル) 2009年、2011年、2013年:ヘッドコーチ (エストニア大学世界学生ゲーム) 2010- 2015:テクニカルディレクター/アドバイザー(イングリッシュサッカースクールシンガポール) 2009〜 2016年:テクニカルディレクター (女子&女子サッカー) 2009〜 2016年:エストニアFA女子代表チームマネージャー(U15~シニア) 2017-2018:1stチームヘッドコーチ (ワトフォードLFC) 2017年-現在:エリートスポーツプロビジョン サッカー&教育責任者


1996- 2015: Surrey County FA County Coach

1999- 2007: Women’s Football Academy Director (South East)

2000- 2007: Charlton Athletic LFC1st Team Head Coach

2008- 2009: Mill wall Lionesses FC1st Team Head Coach

2006- 2009: David Beckham Academy Assistant Director of Coaching

2008- 2011: English Colleges National Team Head Coach

2009, 2011 & 2013: Estonia Universities World Student Games Head Coach

2010- 2015: English Soccer Schools Singapore Technical Director / Advisor

2009- 2016: Technical Director - Women’s & Girl’s Football

2009- 2016: Estonia FA Women’s National Team Manager - Senior to U15

2017-2018: Watford LFC1st Team Head Coach

2017-Present: Elite Sporting Provision Head of Football & Education



【その他】

その他にも、優秀なコーチを育成する指導者としても、イギリスだけではなく世界各地に飛び回っている。



【メッセージ to ヴェルツFC】

サッカーや生活全般において、経験に勝るものは絶対にないと思います。経験が、プレッシャーの下で正しい決定を下し、困難な状況に適応し、常に自分の能力を最大限に発揮してくれます。この多様な経験の追求がサッカーに現れ、私のあらゆるチャンスへの取り組みにつながっています。


私は世界中を旅し、自分の視野を広げるためにさまざまな文化やサッカーの方法論に直接触れ、それを選手やチームの向上に役立ててきました。私は、まさにこの理由から、エストニア(世界的なゲームの小さな国)で女子サッカーを開発するという途方もない挑戦に取り組みました。一国の国際的なパフォーマンスに影響を与えるだけでなく、コーチおよびマネージャーとして学び、成長するためのより多くの機会への扉を開くという理由で決意しました。


謙虚さは、私はプレーヤーや他の専門家と仕事をするときに常に守っており、核心的価値を確立することにつながりました。また、ピッチ外でのゲームへのアプローチは、その才能と同じくらい重要であるため、技術的能力と戦術的知性とともに、これらの価値観をプレーヤーに浸透させるよう努めています。これらの価値観は、次のような主要なクオリティーを中心としています。



尊重 | 理解 | 謙虚さ | 知識 | 思いやり



私の価値観は、常に一生懸命働き、知識を共有し、他の人から学ぶ意欲にリンクしています。これにより、私が影響を受け、影響を与えた、サッカーファミリーである世界中の人の広範なネットワークを構築することができました。


フィールドでは、私の哲学は才能と創造性で攻撃することに焦点を当てています。私はすべてのチームとプレーヤーに、彼らの考え方で前向きに考え、リスクを冒し、間違いを恐れないように準備することをお勧めします。さまざまな課題に直面したときにプレーヤーが意思決定を学び、リスク冒す準備をすること、これをプレーヤーがまだ成長している若い年齢層で育むことが不可欠です。


プレイヤーは、いつどこでポゼッションを保持するか、個別にそして集合的に防御する方法を理解し、常に敵を克服できると考える決意を持っている必要があります。プレーヤーは、クラブ、組織、または自治体の目標について、何が期待されているかを認識している必要があります。


長く多様なキャリアを通じて、青少年やアカデミーの選手からエリートの代表チームやクラブサイドまで、あらゆるレベル、年齢層、性別で管理と指導を行うという珍しい能力を身に付けてきたと感じています。私は、コーチングに対する全体的性をもって、忍耐強いアプローチを維持しながら、さまざまな課題に適応する能力について、プレーヤー、仲間、クラブから一貫して認められてきました。私はさまざまなパフォーマンス基準を理解しており、プレーヤーがこれらの目標を達成できるように、必要な自信と競争力を常に浸透させるよう努めています。


私のコーチングライフを通して、私は多くのことを経験し、大きな成功を収め、グローバルなゲームについて多くのことを学びました。それだけでなく、私は自分の能力開発を継続し、将来の課題に自分の知識を適用したいという熱烈な情熱を持っています。サッカーは私の人生の不可欠な部分であり、35年以上前から存在しています。私自身、キャリアの次の章を楽しみにしています。




I believe that in football and life in general there is absolutely no substitute for experience. It is experience that will help you make the right decisions under pressure, allow you to adapt to challenging situations and ensure you are able to fulfil your role to the best of your ability at all times.


It is this pursuit of diverse experience that has led to my undertaking of any and every opportunity that presents itself in football. I have travelled the world and gained direct exposure to different cultures and football methodologies in order to broaden my own perspective, which I have in turn applied to improve my players and teams. I took on the tremendous challenge of developing women’s football in Estonia - a small nation in the global game - for this very reason; to not only impact the country’s international performance, but to open doors to more opportunities to learn and develop as a coach and manager.



Coming from humble roots has led to me establishing a set of core values that I always adhere to when working with players and other professionals. I will also seek to instil these values in my players alongside their technical ability and tactical intelligence, as their approach to the game off the pitch is just as critical as their talent on it. These values are centred on key qualities including:


Respect | Understanding | Humility | Knowledge | Caring

子供たちと触れ合うケイス氏
謙虚であることが大事だと話すケイス氏


My values are linked to a willingness to always work hard, share knowledge and learn from others. This has allowed me to build an expansive network of contacts across the globe of individuals that I’ve influenced and that have influenced me - my football family.



On the field, my philosophy is focused on attacking football with flair and creativity. I encourage all my teams and players to be forward thinking in their mind-set, prepared to take risks and to not be afraid of making mistakes. It is these risks that allow players to learn and improve their decision making when confronted with different challenges, and it’s therefore essential to foster this attitude at younger age groups while the players are still developing.


Players must understand when and where to retain possession, how to defend individually and collectively, and have the determination to always think they can overcome their opposition. There should also be an awareness as to the goals of the club, organisation or governing body so that the players know what is expected of them.




I feel that through my long and diverse career I have developed the rare ability to both manage and coach at any level, age group or gender - from youth and academy players to elite national teams and club sides. I have been consistently recognised by my players, peers and employers for my ability to adapt to different challenges while maintaining a holistic and patient approach to my coaching. I understand different performance standards and will always strive to instil the required self-belief and competitive nature to ensure that the players are able to fulfil these goals.


Throughout my coaching life I have experienced a great deal, achieved significant success and learned a huge amount about the global game. Despite this though, I still retain a burning passion to continue my development and apply my knowledge to future challenges. Football is an integral part of my life and has been for more than 35 years, and so I only look forward to the next chapter of my career.


イギリスのレジェンドの妻とメキシコで休暇を過ごす様子
メキシコで休暇を過ごす家族の様子




【好きなもの】

休日や自由な時間が好きだよ。特に、異国に訪れて、文化に触れることが大好きだ。つい最近もメキシコでの休暇から妻と姉と一緒に戻ってきたよ!真ん中が姉だ。

実は、私の妻は女子のイギリス代表のGとして60試合のキャップがあり、イギリスで殿堂入りを果たしているんだ。


As far as holidays and free time . I love to visit other countries and cultures and have just returned from a holiday in Mexico with my Wife and older sister that's picture above my sister is in the middle

As you may also know my Wife was GK for England 60 times and is in Hall of Fame in UK .

0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page