top of page

POST コーチ日記

リズムクラス(幼児~小学校低学年)

更新日:2022年2月23日

聞こえる2022年より1月より、幼児~小学校低学年生を対象にした、リズムクラスをスタートしました!


このクラスは、ヴェルツに通うおうちの方の声から生まれました。

「同じ初心者なのに、なぜキッズクラスに入るとこんなに差がでるの?」

「なんであの子は、コーチが教えたことをすぐできるの?」

「サッカーをやらせたいのに、うちの子は動くのがつまらないみたいなの」

「スポーツゲームは好きなんだけど、トレーニングみたいなのはできないのよ」

「スポーツ選手になってほしいわけではないけど、もう少し外で遊んでほしいけど、外で遊ぶのが好きではないみたい」

「勉強につながるスポーツみたいなのはないの?」

「最近、ゲームのし過ぎか、目が悪くなってきたみたいで。止めなさいとは言えないから、一緒に遊んであげるんだけど、やっぱり時間もないし。私も休みたいし」

「幼稚園が早く終わるので、どこかで遊ばせてあげたい」

「ひとりで遊んでもらえるといいんだけど・・・」


そこでドイツメソッドを中心にしたヴェルツは、Ballschule(バルシューレ)プログラムを提供するリズムクラスを作ることになりました!


バルシューレとは、ドイツのハイデルベルク大学の研究チームによって開発されたプログラムです。運動が苦手な子や嫌いな子、運動機能を高めたい子にピッタリなボール遊びプログラムです。このクラスは「遊び方」を教えるクラスになります。



なぜヴェルツのリズムクラスなのか?


「サッカーは幼児期からやっていいの?」というご質問にもお答えしておりますので、ぜひご覧ください。


ヴェルツのリズムクラスは、5つの特徴があります。


①運動機能を高める

②自主性を高める

③ポジティブラーニング

④勉強に繋がる「考える力」を養う

⑤コミュニケーションの能力を高める


子供は「遊ぶこと」がとても得意ですし、「遊ぶ」という行為は成長にとってとっても大切です。しかし、「近年は遊び方がわからない」「この道具がないと遊べない」「勉強させたい」「静かにしないと」「ゲームしかしない」といった声が聞こえるようになってきました。


われわれは、まずこうした課題を解決するため、バルシューレプログラムで5つの特徴を成長させることができます。


ヴェルツのリズムクラスは、


我々はドイツクラブチームの育成アドバイザーによるドイツメソッドがあり、最新のバルシューレプログラムを常に提供することができます

さらに、

ヴェルツの理学療法士とアスレチックトレーナーの監修により、安全性はもちろん、各クラスの身体的、精神的差を考えたプログラムを毎回作成しています。

さらに、

ヴェルツは、自立と思考力、コミュニケーションを大事にしたプログラムを作成しています。


ヴェルツは、子供たちの成長をサポートします!


「未経験でもどのスポーツも楽しめるようになった!」

「動くことをたのしめるようになった!」

「ゲーム感覚で身体を動かして遊ぶことができるようになった!」

「身の回りの物を使って、ひとりであそべるようになった!」

「お友達に自分の言葉で意見を言えるようになった!」

「あきらめずに、学校の難しい問題でも考えるようになった!」


など、リズムクラスを通して子供たちを一緒に応援しませんか?


世界中でスポーツが行われ、教育の中でスポーツが行われているのは理由があります。教育水準が高く、幸福度が高いとされるフィンランドでも、スポーツを楽しむ人がたくさんいます。

スポーツ活動と学力の因果関係を明らかにする文献は様々あります。その中で「健康についての自他の課題を発見し、よりよい解決に向けて思考し判断するとともに、他者に伝える力を養う。」といったような、人間が健康に生きるために必要な能力であるということが挙げられます。



ボール遊び
ボール遊び


さらに、スポーツ活動によって培われるのは外向性、協調性、勤勉性、リーダーシ ップだと考えられています。

その中でより良いチーム作りのために自分がど のような役割を果たすことができるか、自分の能力がどれだけチームに貢献できるか、チームメイトの良さを引き出すにはどうすればよいかをひとり一人が考え、課題点を見つけ出し、行動する必要があります。


スポーツ活動の中で培われる能力、すなわち、自己認識や意欲、忍耐なども、ヴェルツのリズムクラスのプログラムを通して磨くことができます。


まずは、無料体験してみてください!お待ちしています!



0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page